ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ

it技術:dotnet:spire.office


Spire.office

概要

Spire.officeは、中国E-iceblueが提供するofficeの.NETコンポーネントの組み合わせです。
Spire.officeには、下記コンポーネントが含まれている。個別にダウンロードすることも出来る。
Spire.officeは有償版無償版があり、無償版には機能制限があります。

コンポーネント内容無償版制限
Spire.DocWord ファイルの作成・読み・書き・変換・印刷・エクスポートWordファイルの編集は、500段落と25テーブルに制限されています。
PDFファイルの変換は最初の3ページのみ。
Spire.DocViewerWord ファイルの表示・変換
Spire.XLSExcel ファイルの新規作成・編集・変換Excelファイルの編集は、ブックごとに5シート、1シートあたり200行に制限されています。
Spire.PresentationPowerPont ファイルの新規作成・編集・変換プレゼンテーションスライドが10枚に制限されています。
Spire.PDFPDFドキュメントの作成・読み・書き・編集PDFファイルの編集は、10ページに制限されています。
Spire.PDFViewerPDFドキュメントをストリーム、ファイル、バイト配列から読み込み
Spire.DataExportWord/Excel/Access、html、PDF、DBF、SQLスクリプト、csv等の形式にデータをエクスポート
Spire.Barcodeバーコード用コンポーネント

Spire.XLS

PDF変換

FreeSpire.XLS単体でNuGetで取得してPDF出力した場合、出力されたPDFには赤字で警告メッセージ "Evaluation Warning : The document was created with Spire.XLS for .NET" が表示されていた。
無償版で問題ないはずなんだが、FreeSpire.XLS をアンイストールして、FreeSpire.office をインストールしたら警告メッセージは消えた。もしかしたら、FreeSpire.XLS ではなくSpire.XLS だったのかも。

Workbook workbook = new Workbook();
workbook.LoadFromFile(@"D:\test.xlsx", ExcelVersion.Version2010);
workbook.SaveToFile(@"D:\result.pdf", FileFormat.PDF);

Spire.Barcode

バージョン

Spire.Barcode は、QRコードのバージョンはサポートしていない。
QRコードのバージョンは、3つのパラメータ(QRCodeDataMode、QRCodeECL、テキストの長さ)に応じてカウントされるので、パラメータを変化させながらバージョンが異なることになります。
QR Code Settings


it技術/dotnet/spire.office.txt · 最終更新: 2018/05/13 22:52 by yajuadmin