ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ

it技術:アプリケーション:redmine


Redmine

プロジェクト管理ソフト。
Redmine Ver 3.4.6.stableをWindows 10 Homeに導入

インストール

bitnami Redmineというオールインワンパッケージを使用している。
https://bitnami.com/stack/redmine/installer

テーマの変更

チケットの添付ファイルのサムネイル画像を表示

「管理」→「設定」→「表示」画面で「添付ファイルのサムネイル画像を表示」をONにすると、チケットやWikiの添付ファイルのサムネイル画像を表示できます。添付された画像ファイルを開かなくても内容が確認できて便利です。
「サムネイル画像の大きさ(ピクセル単位)」のデフォルトは「100」ですが、大きめの「400」としました。

使い方

運用方法

一括編集

Redmineでチケットを一括編集することができたという話

  1. チケット一覧で編集したいチケットにチェックを入れます。
  2. チェックを入れた状態で、右クリックで編集のメニューが出てきます。
  3. チケットの一括編集の画面になるので変更します。

プラグイン

Javascriptなどで拡張できる、「view customize plugin」をインストール済み。
ガントチャートを直感的にいじることができるプラグイン「Easy Gantt」をインストール済み。
チケットを親子関係でツリー状に表示させるプラグイン「Redmine Issues Tree」をインストール済み。

プラグイン導入方法

D:\redmine\apps\redmine\htdocs\plugins に指定プラグインをインストールして、Redmineを再起動する。

  1. スタートメニューからBitNami Redmine Stackを起動する。
  2. コマンドプロンプトが起動する
  3. 以下のコマンドを実行
導入
cd apps\redmine\htdocs
bundle install --without development test postgresql sqlite xapian
bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

プラグイン導入トラブル対応

redmine_extensionsを追加しろ

bundle install –without development test postgresql sqlite xapian の実行にて、「You have added to the Gemfile: * redmine_extensions」のエラーが出る。

下記の手順で実行したら、「Easy Gantt」をインストールすることが出来た。
細かいところは省略しています。

>gem -v
2.6.14
>gem install bundler
>gem update --system
>gem -v
2.7.7
>gem install redmine_extensions
>gem list
redmine_extensions (0.2.12)
>bundle install --no-deployment
Using redmine_extensions 0.2.12
>bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=production
>bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_EN
V=production
Migrating easy_gantt (Easy Gantt plugin)...
== 20170213152215 AddDefaultPrintableTemplate: migrating ======================
== 20170213152215 AddDefaultPrintableTemplate: migrated (0.0000s) =============
 
== 20170224134615 UpdateRestApiSettings: migrating ============================
== 20170224134615 UpdateRestApiSettings: migrated (0.0145s) ===================
 
Migrating view_customize (View Customize plugin)...

パッチ

下記のガントチャート関連のパッチは適用済み
https://www.farend.co.jp/blog/2017/08/redmine-development/

  1. Feature #20481: ガントチャートの表示領域の幅をドラッグでリサイズ
    http://www.redmine.org/issues/20481
  2. Feature #10485: ガントチャートでコンテキストメニューを表示
    http://www.redmine.org/issues/10485#note-10
  3. Feature #26409: ガントチャートに担当者を表示
    http://www.redmine.org/issues/26409#note-2

パッチ適用方法

BitNami Redmineで導入でパッチ適用のpatchコマンドが使えなかったため、手動で適用してRedmineを再起動(Bitname Redmine StackでRestart All)させる。

適用例

  1. 「change_to_right_and_left_resizable_panel_v2.patch」をダウンロードする。
  2. diffを見ながら該当ファイルを編集(念の為、バックアップ)して、削除と追加を行う。
該当ファイル
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\app\views\gantts\show.html.erb
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\public\javascripts\gantt.js

3つのガントチャートパッチ修正ファイル

該当ファイル
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\app\views\gantts\show.html.erb
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\app\views\queries\_form.html.erb
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\app\models\issue_query.rb
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\public\javascripts\gantt.js
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\public\stylesheets\application.css
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\public\stylesheets\context_menu.css
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\public\stylesheets\responsive.css
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\lib\redmine\helpers\gantt.rb
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\test\functional\queries_controller_test.rb
D:\redmine\apps\redmine\htdocs\test\unit\lib\redmine\helpers\gantt_test.rb


it技術/アプリケーション/redmine.txt · 最終更新: 2018/07/15 22:38 by yajuadmin