ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ

it技術:システム開発:ソースコード管理


ソースコード管理

ソースコード管理には、CVS,SVN,git,VSSなどがあります。
今は「git」が主流となっている。

git

ツールとしては、Gitを視覚的に操作できる「SourceTree」を使用している。

gitの使い方

コミットメッセージ

Gitのコミットメッセージの書き方

以下のフォーマットとします。
1行目:変更内容の要約(タイトル、概要)
2行目 :空行
3行目以降:変更した理由(内容、詳細)

1行目の例
[fix]削除フラグが更新されない不具合の修正

  • fix:バグ修正
  • hotfix:クリティカルなバグ修正
  • add:新規(ファイル)機能追加
  • update:機能修正(バグではない)
  • change:仕様変更
  • clean:整理(リファクタリング等)
  • disable:無効化(コメントアウト等)
  • remove:削除(ファイル)
  • upgrade:バージョンアップ
  • revert:変更取り消し

最初のコミットは、「initial commit」とする。
Gitの最初のコメントは、"Initial commit"なのか、"First commit"なのか?

MarkDown確認

README.md を書く際にプレビューで内容を確認する。
http://tmpvar.com/markdown.html

SourceTree

コミットメッセージの修正

プッシュをしていないことが前提となる。
[コミット]をクリックして、[オプションのコミット]で[最新のコミットを修正]を選択する。
新たなコミットメッセージを入力し、[コミット]ボタンを押す。
SourceTreeでいろいろ取り消してみる

使い方

空フォルダをコミット

空フォルダに空ファイル(.gitkeep)を作成してコミット。無視するファイルに「.gitkeep」を指定する。
※ファイル名は何でも構わないのですが、慣例的に「.gitkeep」というファイル名が用いられる。
Gitで空のディレクトリを管理する方法の復習


it技術/システム開発/ソースコード管理.txt · 最終更新: 2017/04/01 18:55 by yajuadmin