ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ

it技術:設計時の見落とし:複数締日の設定


複数締日の設定

取引条件は顧客によって異なります。
月末締めの企業が多いと思いますが、5日、10日、15日、20日など別の日を締日としている会社も存在します。
また、締日は通常は1取引先で締日は1つですが、取引先によっては「15日締翌月末現金払い、月末締め翌々月10日払い」などというように1ヶ月に複数回締日のあるところもあります。

10日締め、20日締め、月末締めというように3回締日のある企業も存在することも考慮して、取引先マスタメンテナンスでは締日項目を3つ用意してあります。

画面レイアウト上でも、3つの数値入力を用意し、末日は31と設定して1~31の範囲チェックといずれか1つは必須入力とするようなチェック処理が仕様として記述されており、プログラムも仕様通り作成されました。

その後、設定した締日を使って処理する請求処理系の機能を製造するにあたり製造側から問題提起がありました。

3番目のみ入力されているとか、1番目と3番目で入力されているとか、10、5、15など昇順に並んでいないとかがあると、処理が面倒になる。3つの項目が順番通りに入っていることを保証してほしい。

確かに締日に3つの項目の並びには特定の意味は無いわけですから、取引先マスタメンテナンス上にて、空きのチェックや昇順にセットするようにチェック仕様を追加し、修正することとなりました。

締日に限らず、複数項目がある場合では、並びや空き入力なども考慮をしてチェックしなくても問題ないのかまで、意識してあげましょう。


it技術/設計時の見落とし/複数締日の設定.txt · 最終更新: 2018/12/15 15:48 by yajuadmin