ユーザ用ツール

サイト用ツール


it技術:dotnet:インストーラーの作成


差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
it技術:dotnet:インストーラーの作成 [2020/07/27 15:16]
yajuadmin [カスタム動作のセット]
it技術:dotnet:インストーラーの作成 [2020/10/26 10:45] (現在)
yajuadmin [サービスのインストール]
行 28: 行 28:
 【画像挿入】\\ 【画像挿入】\\
  
 +^InstallAllUsers|True:すべてのユーザー / False:このユーザーのみ|
 ===== ファイルシステムの設定 ===== ===== ファイルシステムの設定 =====
 Setupプロジェクトにて右クリックメニューにある「View」から「ファイルシステム」を選択します。\\ Setupプロジェクトにて右クリックメニューにある「View」から「ファイルシステム」を選択します。\\
-【画像挿入】\\+{{:it技術:dotnet:ファイルシステム.png|}}\\
 下記のファイルシステムが表示されます。\\ 下記のファイルシステムが表示されます。\\
-【画像挿入】\\+{{:it技術:dotnet:ファイルシステム3.png|}}\\
  
 ===== プライマリ出力 ===== ===== プライマリ出力 =====
 「Application Folder」を選択して右クリックメニューにある「Add」から「プロジェクト出力」を選択します。\\ 「Application Folder」を選択して右クリックメニューにある「Add」から「プロジェクト出力」を選択します。\\
-【画像挿入】\\+{{:it技術:dotnet:プロジェクト出力.png|}}\\
 プライマリ出力を選択し、構成を「アクティブ」のまま「OK」ボタンをクリックします。\\ プライマリ出力を選択し、構成を「アクティブ」のまま「OK」ボタンをクリックします。\\
-【画像挿入】\\+{{:it技術:dotnet:プロジェクト出力2.png|}}\\
 プライマリ出力のファイルと関連したdllが出力されます。\\ プライマリ出力のファイルと関連したdllが出力されます。\\
  
行 149: 行 150:
 ==== カスタム動作にデータを渡す ==== ==== カスタム動作にデータを渡す ====
 Installの「プライマリ出力 from CustomAction」のプロパティに「CustomActionData」があります。\\ Installの「プライマリ出力 from CustomAction」のプロパティに「CustomActionData」があります。\\
-【画像挿入】+{{:it技術:dotnet:customactiondata.png|}}
  
 CustomActionDataプロパティに「/name=value」という形式で指定します。ここで「name」は名前で、「value」はその値を示します。複数のデータを渡す場合は、スペース文字で区切ります。\\ CustomActionDataプロパティに「/name=value」という形式で指定します。ここで「name」は名前で、「value」はその値を示します。複数のデータを渡す場合は、スペース文字で区切ります。\\
 [[https://dobon.net/vb/dotnet/deployment/customaction.html|カスタム動作にデータを渡す]] [[https://dobon.net/vb/dotnet/deployment/customaction.html|カスタム動作にデータを渡す]]
  
-例 /TargetDir="[TARGETDIR]"+例 /TargetDir="[TARGETDIR]\" 
 + 
 +==== Error 1001 ==== 
 +=== インストール === 
 +インストール時に「Error 1001」によりインストールできない。\\ 
 +原因としてCustomActionDataプロパティに「/TargetDir="[TARGETDIR]"」と末尾の"\"を除外したため。※二重引用符を外して末尾の"\"を除外した場合はエラーにならない。\\ 
 +  * [[https://stackoverflow.com/questions/1682532/msi-error-1001-usage-installutil-error-on-production-server|MSI Error. 1001. Usage: InstallUtil .. error on production server]] 
 +  * [[https://stackoverflow.com/questions/5008675/msi-installer-cannot-find-installstate-when-using-custom-action-with-parameters|MSI Installer cannot find InstallState when using custom action with parameters]] 
 + 
 +=== アンインストール === 
 +アンインストール時に「Error 1001 savedState 適合しないデータが含まれており...」によりインストールできない。\\ 
 + 
 +原因は不明、[[https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/geekuninst/|GeekUninstallerツール]]で強制的にアンインストールしたことで整合性が一致しないのかも。\\ 
 + 
 +下記の方法でログを出力することはできる。[[https://docs.lansa.com/14/ja/lansa022/content/lansa/vldtool19_0030.htm|msiexec.exe コマンドライン・オプション]]\\ 
 +エラー箇所 returned actual error code 1603 
 +<code> 
 +msiexec.exe /X "Setup.msi" /L*V "C:\Temp\msilog.log" 
 +</code> 
 + 
 +対応として、例外エラーが出ても先に進めることを利用して例外エラーをスキップさせる。 
 + 
 +<code vb Uninstall> 
 +Public Overrides Sub Uninstall(savedState As IDictionary) 
 +    Try 
 +        MyBase.Uninstall(savedState) 
 +    Catch ex As Exception 
 +        'MessageBox.Show(ex.Message + vbCrLf & ex.StackTrace) 
 +    End Try 
 + 
 +    Dim path As String = Context.Parameters("TargetDir"
 + 
 +    ProcessBatch(path, "DelService.bat"
 + 
 +End Sub 
 +</code> 
 +===== Setup.msiとSetup.exeの違い ===== 
 +setup.exeは同梱のsetup.msiを実行するように作られており、msi からはフォローアップできないいくつかの処理(必須コンポーネントの.NET Framework のランタイムやWindowsInstallerの特定バージョンのインストールなど)をexe側で行う仕組みになっている。 
 + 
 +Windows Installer がインストールされてないとmsiファイルが認識できないので、その場合はsetup.exeからの実行が必要となります。\\ 
 +現状Windows OSではWindows Installerが標準でインストールされているので、Setup.msiのみで良い。 
 + 
 +  * [[http://bbs.wankuma.com/index.cgi?mode=al2&namber=42432&KLOG=73|setup.exeとxxx.msiの違いは何なんでしょうか?]] 
 +  * [[http://nhiron.blog.jp/archives/1017697672.html|msiとsetup.exeのはなし]] 
 +  * [[https://kaorun.hatenablog.com/entry/20151219/1450511313|今、あらためて確認するWindows Installer(MSI)の基本]] 
 + 
 +===== アップグレードインストール ===== 
 +Product CodeとProduct Versionは変更して、Upgrade Codeへ変更しない。\\ 
 +RemovePreviousVersionsプロパティをTrueにして、以前のバージョンを削除するようにしておく。 
 + 
 +  * [[https://dobon.net/vb/dotnet/deployment/upgrades.html#section4|セットアッププロジェクトによるアップデート]]\\ 
 +  * [[https://www.civil-design.net/index.html?main=https%3A%2F%2Fwww.civil-design.net%2Ffree%2Fcoach%2Fdev%2Fwi%2Fwi_upgrade.html|Windows インストーラ講座 - アップグレード(バージョンアップ)の考え方]] 
 + 
 +visualstudioinstallerでは、PackageCodeは見当たらない。 PackageCode = ProductCodeが既定と考える。 
 + 
 +===== サービスのインストール ===== 
 +何も設定しない場合、「サービス ログインの設定」のダイアログ画面が表示される。\\ 
 +{{:it技術:dotnet:サービスログインの設定画面.png|}} 
 + 
 +これを表示しないようにするには下記の設定を行います。これによりサービスがインストールされローカルサービスアカウントで実行されます。 
 + 
 +  - ProjectInstallerを開きます 
 +  - ServiceProcessInstaller1を右クリックして、プロパティを選択します 
 +  - [アカウント]ドロップダウンの[その他]で、サービスを実行するアカウントを選択します。 例 LocalSystem 
 + 
 +[[https://stackoverrun.com/ja/q/466194|Windowsサービスのインストール時の資格情報]]
 ===== 補足 ===== ===== 補足 =====
 違うバージョンをインストールする際に以前のバージョンをアンインストールしなくても上書きしてインストールしてくれる。 違うバージョンをインストールする際に以前のバージョンをアンインストールしなくても上書きしてインストールしてくれる。


it技術/dotnet/インストーラーの作成.1595830617.txt.gz · 最終更新: 2020/07/27 15:16 by yajuadmin