ユーザ用ツール

サイト用ツール


it技術:データベース:postgresql


差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
it技術:データベース:postgresql [2020/05/21 15:14]
yajuadmin [注意点]
it技術:データベース:postgresql [2020/10/18 15:31] (現在)
yajuadmin [PostgreSQL12情報]
行 54: 行 54:
 |11.0|2018/10/18|[[it技術:データベース:postgresql#postgresql11情報|postgresql11情報]] | |11.0|2018/10/18|[[it技術:データベース:postgresql#postgresql11情報|postgresql11情報]] |
 |12.0|2019/10/03|[[it技術:データベース:postgresql#postgresql12情報|postgresql12情報]] | |12.0|2019/10/03|[[it技術:データベース:postgresql#postgresql12情報|postgresql12情報]] |
 +|13.0|2020/09/24|[[it技術:データベース:postgresql#postgresql13情報|postgresql13情報]] |
 +
 ==== Postgres10情報 ==== ==== Postgres10情報 ====
 2017-10-05にリリース 2017-10-05にリリース
行 92: 行 94:
 [[https://www.postgresql.org/about/press/presskit12/ja/|PostgreSQL 12 プレスキット]]\\ [[https://www.postgresql.org/about/press/presskit12/ja/|PostgreSQL 12 プレスキット]]\\
 [[https://mag.osdn.jp/19/10/04/163000|「PostgreSQL 12」リリース、性能面でさまざまな強化が行われる]]\\ [[https://mag.osdn.jp/19/10/04/163000|「PostgreSQL 12」リリース、性能面でさまざまな強化が行われる]]\\
-[[https://www.publickey1.jp/blog/19/postgresql_12bjson.html|PostgreSQL 12が正式リリース。Bツリー周りの改善による性能向上、JSONパスによる抽出可能など]] +[[https://www.publickey1.jp/blog/19/postgresql_12bjson.html|PostgreSQL 12が正式リリース。Bツリー周りの改善による性能向上、JSONパスによる抽出可能など]]\\ 
 +[[https://www.slideshare.net/nttdata-tech/postgresql12-performance-improvement-pluggable-storage-engine-ntt-sawada|PostgreSQL 12は ここがスゴイ! ~性能改善やpluggable storage engineなどの新機能を徹底解説~ - SlideShare]]\\ 
 +[[https://www.fujitsu.com/jp/products/software/resources/feature-stories/postgres/partitioning-performance/|技術者に聞く:パーティショニングにおける性能改善への取り組み PostgreSQLインサイド]]
  
   * JSON Pathに対応   * JSON Pathに対応
行 101: 行 104:
   * テーブルアクセスメソッドに対応   * テーブルアクセスメソッドに対応
  
 +=== 注意 ===
 +  * WITH OIDが使えなくなった。WITH OIDSがあるテーブルがあるとpg_upgradeが実行できない
 +  * recovery.confはなくなりpostgresql.confに統合
 +==== PostgreSQL13情報 ====
 +2020-09-24にリリース
 +
 +=== 主な新機能 ===
 +[[https://www.postgresql.org/about/press/presskit13/ja/|PostgreSQL 13 プレスキット]]\\
 +[[https://www.sraoss.co.jp/tech-blog/pgsql/pg13report/|PostgreSQL 13 検証報告]]\\
 +[[https://news.mynavi.jp/article/20200525-1040900/|PostgreSQL 13で登場する新機能まとめ]]\\
 +[[https://qiita.com/nuko_yokohama/items/e253dd2619c639558a23|PostgreSQL 13がやってくる!(6) - psqlの改善あれこれ]]\\
 +[[https://www.slideshare.net/nttdata-tech/postgresql13-pg-stat-statements-nttdata-fujii|PostgreSQL 13でのpg_stat_statementsの改善について - SlideShare]]\\
 +[[https://www.slideshare.net/nttdata-tech/postgresql13-pg-stat-statements-nttdata-fujii|PostgreSQL 13でのpg_basebackupの改善について - SlideShare]]\\
 +[[https://www.slideshare.net/nttdata-tech/postgresql13-replication-nttdata-fujii|PostgreSQL 13でのレプリケーション関連の改善について - SlideShare]]
 +
 +  * B-Treeインデックスの性能向上
 +  * 新しい実行プラン
 +  * パーティションテーブル機能の拡張
 +  * パラレルVACUUM
 +  * 進捗レポートビューの拡張
 +  * pgbenchの拡張
 +  * pg_rewindの拡張
 +  * SQL機能の追加
 ===== 設定について ===== ===== 設定について =====
 postgresql.confの設定値は、下記SQLで context の値により設定反映のタイミングが違う。 postgresql.confの設定値は、下記SQLで context の値により設定反映のタイミングが違う。
行 212: 行 238:
 [2020-03-28 15:45:06 JST] postgres postgres 8512[2] LOG:  connection authorized: user=postgres database=postgres [2020-03-28 15:45:06 JST] postgres postgres 8512[2] LOG:  connection authorized: user=postgres database=postgres
 </code> </code>
 +
 +=== 実行されたクエリを記録 ===
 +調査の時に行うくらい。実行するSQLが多いので運用時はコメントアウトにしている。
 +
 +<code .conf postgresql.conf>
 +log_statement = ‘all’
 +</code>
 +
 +[[https://www.casleyconsulting.co.jp/blog/engineer/4470/|PostgreSQLで実行されたクエリからバグを探してみた(Windows編)]]
 ==== 接続子の優先設定変更 ==== ==== 接続子の優先設定変更 ====
 postgresql.confの下記設定を変更することによって、スキーマ名未設定でSQL実行時に選択されるスキーマの優先度を変更できる。 postgresql.confの下記設定を変更することによって、スキーマ名未設定でSQL実行時に選択されるスキーマの優先度を変更できる。
行 377: 行 412:
  
 <code sql> <code sql>
-\copy tablename(col1,col3,col4,col2) FROM pathName WITH encoding 'UTF8' CSV HEADER NULL AS '';+\COPY tablename(col1,col3,col4,col2) FROM pathName WITH encoding 'UTF8' CSV HEADER NULL AS '';
                                                      ↓                                                      ↓
-\copy tablename(col1,col3,col4,col2) FROM pathName WITH(ENCODING 'UTF8',FORMAT CSV,HEADER ON,NULL '',FORCE_NULL(col1,col3,col4,col2));+\COPY tablename(col1,col3,col4,col2) FROM pathName WITH(ENCODING 'UTF8',FORMAT CSV,HEADER ON,NULL '',FORCE_NULL(col1,col3,col4,col2));
 </code> </code>
 === COPYで読み込みエラー === === COPYで読み込みエラー ===


it技術/データベース/postgresql.1590041648.txt.gz · 最終更新: 2020/05/21 15:14 by yajuadmin