ユーザ用ツール

サイト用ツール


数学の歴史:メモ


差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
数学の歴史:メモ [2020/10/17 21:36]
yajuadmin [ヒッパルコス]
数学の歴史:メモ [2020/10/17 22:24]
yajuadmin
行 8: 行 8:
  
 天体三角測量 天体三角測量
- 
- 
-==== プレイマイオス ==== 
-[[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%B9|プレイマイオス]](BC83頃-BC168頃)は、数学、天文学、占星学、音楽学、光学、地理学、地図製作学など幅広い分野にわたる業績を残した古代ローマの学者。 
- 
-三角関数表 
  
 ==== ヒッパルコス ==== ==== ヒッパルコス ====
行 23: 行 17:
  
 天球上に緯度と経緯を導入し天文学に三角法を用いた。\\ 天球上に緯度と経緯を導入し天文学に三角法を用いた。\\
-平面三角法を確立し精密な三角比の数表を作成した(加法定理 $\sin(\alpha+\beta)=\sin\alpha\cos\beta+\cos\alpha\sin\beta$ を導き、これを用いることで、7.5°から180°までの7.5°刻みの数表を作成) +平面三角法を確立し精密な三角比の数表を作成した(加法定理 $\sin(\alpha+\beta)=\sin\alpha\cos\beta+\cos\alpha\sin\beta$ を導き、これを用いることで、7.5°から180°までの7.5°刻みの数表を作成) 
  
 正弦(Sinus rectus) 正弦(Sinus rectus)
 +
 +==== プレイマイオス ====
 +[[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%B9|プレイマイオス]](BC83頃-BC168頃)は、数学、天文学、占星学、音楽学、光学、地理学、地図製作学など幅広い分野にわたる業績を残した古代ローマの学者。
 +
 +
 +三角関数表
  
  


数学の歴史/メモ.txt · 最終更新: 2020/10/17 22:24 by yajuadmin